白髪レスキュー
お問い合わせリンク白髪レスキュー

白髪のメカニズム

白髪は「ある日突然、黒髪が変化して発生するもの」と考えている人も少なくないのではないでしょうか。実際には、髪の毛の生えるサイクルの中で起こる変化なのです。
白髪はどのように発生しているのか、どのような形で若白髪は発生するのかについて解説していきます。

白髪発生のメカニズム

白髪は髪の毛などの体毛が、加齢と共に色素が薄くなっていくことで発生します。しかし、昨日まで真っ黒だった髪の毛が突然真っ白になるようなことはほとんどありません。髪の毛の発毛サイクルの中で、白髪は発生しているのです。

毛髪の色を決めるのは何か

髪の毛や体毛などの毛髪には、人種や遺伝によって特定の色が付いています。この毛髪の色を決定しているのが、メラニン色素です。
メラニン色素は、皮膚を紫外線から防ぐ役割を持つと同時に日焼けの原因になるものであることがよく知られています。
メラニン色素には、黒または茶褐色のユーメラニンと赤褐色または黄色のフェオメラニンの二種類があります。このユーメラニンとフェオメラニンの働きによって、黒髪や金髪などの毛髪の色が決まるのです。逆に、この二種類のメラニン色素が完全に失われた毛髪が白髪になるのです。

発毛のサイクルとの関係

髪の毛の発毛は、一定周期のサイクルによって行なわれています。白髪はこの発毛サイクルの中で発生するもので、ある日突然白髪が発生するというわけではありません。
発毛のサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」に分かれていて成長期に発毛し、退行期まで伸び続けて休止期に入ると発毛が一時停止します。休止期に入った毛根は、全体の2割程度になります。
白髪はこの休止期に入っていた毛根が再活動する際、毛根の状態に応じて発生するのです。

なぜ白髪になるのか

白髪の正体は、「メラニン色素の影響を受けないまま発毛した髪の毛」であるとするなら何故白髪が発生するのでしょうか。
若白髪の場合、「遺伝」や「ストレス」が原因となる場合があります。白髪の発生には、髪の毛にメラニン色素を供給する機能がストレスの影響で停止したり、早く衰える体質が遺伝していたりといった背景があるのです。
また、メラニン色素を生成するために必要な栄養素が不足していると、白髪になりやすくなります。若白髪を見つけた場合、生活内容を振り返ってみることも重要だといえます。

白くなりやすい体毛

白髪は髪の毛がなるものと考えている人も少なくないのではないでしょうか。実際には、白髪は全ての体毛がなる可能性を持っています。
体毛には白髪になる順番があり、最初に白髪になるのは髪の毛ではなく鼻毛なのです。鼻毛の次に髪の毛、髭、体毛、最後に眉毛の順番で白髪が発生することがわかっています。

男女差はあるのか

髪の毛は、ホルモンの影響のためか男性と女性の差が激しい部位であるといえます。白髪においても、男女差ははっきりとあります。
白髪だけでなくハゲにもなりやすい男性に対して、女性の場合は髪の毛全体が白髪になることはほとんどなく白黒入り混じった灰色の状態を保つことが多いのです。白髪とホルモンの関係ははっきりしていませんが、髪の毛に関連する女性ホルモンが多い分だけ女性は白髪になりにくいようです。

白髪
<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank"><img src="http://siragaresq.com/img/banner.gif" alt="白髪" width="88" height="31" border="0"></a>

白髪レスキュー

<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank">白髪レスキュー</a>

広告掲載