白髪レスキュー
お問い合わせリンク白髪レスキュー

白髪の原因

白髪は、老化現象の象徴とも言うべき変化です。しかし、様々なトラブルが原因となって年齢と関係なく白髪が発生することがあります。何故白髪は、年齢と関係なく発生することがあるのでしょうか。白髪が増える原因にはどのようなものがあるのでしょうか。白髪が発生する原因について解説していきます。

白髪が起こる原因とは何か?

白髪は老化現象として発生することが多く、60歳になる頃にはほとんどの人の髪の毛に白髪が目立ち始めます。しかし、人によっては40歳代から、場合によっては20歳代から白髪が見える場合があります。

遺伝による若白髪

若白髪という言葉には、「稀に髪の毛に混じっている白髪」を指す場合と「若いうちから多量の白髪が混じっている状態」を指して使う場合があります。後者の若白髪は、親からの遺伝が原因となって起こることが多いのです。遺伝による白髪の場合、皺やたるみといった皮膚などの外見の老化が見られないうちから発生することが多く、違和感が強い外見になるなどのデメリットがあるといえます。

ストレスによる若白髪

極度のストレスは、胃潰瘍などの身体の働きに重大な影響を与えることがあります。ストレスの影響で毛髪にメラニン色素が送られなくなって若白髪が発生することがあり、場合によっては黒髪が途中から白髪に変わってしまうことがあるほどです。ストレスが原因で起こる身体の異常は、ストレスの原因が解決すれば好転することが多いといわれていますが、原因からストレスが解消することは少ないのが悩みと言えます。

栄養不足からくる若白髪

黒い髪の毛が生えるためには、髪の毛とメラニン色素を生成するための栄養が必要です。しかし、ダイエットや偏食などで栄養バランスを欠いた食事を続けていると髪の毛への栄養が滞り、髪がバサバサになったり若白髪が目立つようになったりといった影響が現れるようになります。最近は、特定の食材だけを制限なく食べてもよいとするダイエット法に人気が集まっているため、栄養不足による若白髪や髪の乱れが目立っているようです。

老化現象による白髪

多くの人は、老化現象によって白髪になっていくものです。老化現象による白髪は、メラニン色素を生成するメラニサイトという細胞が正常に働かなくなることで起こります。また、老化による心肺機能の低下で血液の循環が滞りやすくなるのも、メラニサイトの栄養不足を招き、白髪の原因になると考えられています。

病気が原因となる場合

幾つかの病気は、若白髪の原因になることがわかっています。俗に言う「アルビノ」の原因となる、メラニン色素に関連する遺伝子が正常に機能しないことで起こる先天性白皮症や、ウェルナー症候群やプロジェリア症候群などの早老症、自己免疫疾患や悪性貧血などが若白髪の原因となる病気の代表例といわれています。これらの若白髪の原因となりうる病気の多くは、遺伝子との因果関係を持っているのが特徴的といえます。

白髪
<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank"><img src="http://siragaresq.com/img/banner.gif" alt="白髪" width="88" height="31" border="0"></a>

白髪レスキュー

<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank">白髪レスキュー</a>

広告掲載