白髪レスキュー
お問い合わせリンク白髪レスキュー

白髪染め

髪の毛を脱色したり染色したりするヘアカラーリングは、低年齢層にまで行なわれるほど一般的になりつつあると言えます。しかし、黒髪以外の色合いにすることが多いためか完全に受け入れられているとは言えないのも確かです。ここでは、白髪を隠すために行う白髪染めを中心にヘアカラーリングを解説していきます。

白髪染めをもっと詳しく!

白髪染めをはじめとするヘアカラーリングは、髪の毛に染料を浸透させて染料の持つ色素で髪の毛の色を変色させることを目的としています。黒髪に対して染色を行なうと、メラニン色素の影響で色合いが暗く濃いものになるため、明るい色合いを出すためにはブリーチ剤で脱色した上で染める必要があります。

染色の原理

ヘアカラーリングは生地の染物と同じ原理を持ち、染料を髪の毛に浸透させることを目的としています。白髪染めの場合、髪の毛にメラニン色素が全く含まれて居ない状態になっているため染料が浸透しやすいといえます。しかし、時間の経過や水の影響で退色してしまうことがあるのがヘアカラーリングの最大の弱点といえます。

脱色の原理

ブリーチ剤による脱色は、ブリーチ剤の主成分となる過酸化水素水の効果でメラニン色素を除去することによって髪の色を薄くしています。ただし、脱色と同時に髪の表面のキューティクルも剥がれているため、脱色を頻繁に繰り替えしていると髪の毛が痛みやすくなってしまいます。

ヘアカラーリングの弱点

白髪染めをはじめとするヘアカラーリングは、上手に使えば他人に与える印象を変化させることが出来ます。しかし、どんなに上手に使いこなすことができても避けられない弱点を、ヘアカラーリングは持っているのです。それが「髪の毛の伸び」です。髪の毛は、白髪になっていても毎日少しずつ伸びていきます。髪が伸びた分は、染色も脱色もされていないため色の境目が髪の毛に出来てしまいます。髪の毛の伸びる早さは、1日あたり0.1mm程度なので、一ヶ月から二ヶ月を目安に染め直す必要があります。

白髪染めのポイント

白髪染めは、白髪が気になりだす40代後半くらいから使用し始める人が多いようです。中には20代・30代のうちから若白髪隠しに髪を染める人もいます。しかし、白髪染めを通常のヘアカラーリングと一緒にしていると、逆に白髪を目立たせてしまうことがあります。

補色関係を理解する

高齢の女性が髪を紫に染めているのを見かけることがありますが、あれは白髪を目立たせないようにするための染め方なのです。日本人の白髪はやや黄色がかっているため、黄色の補色関係にあたる青か紫を入れることで、目立ちにくくするという方法なのです。

黒髪に合わせる

白髪染めを使う人の多くは、白髪と黒髪が入り混じった状態になっていることが多いといえます。そのため、白髪だけを染めるのではなく髪の毛全体を染めるための染色剤を使うことになります。そのため、黒髪部分も合わせて染色しなければならないため黒よりも茶褐色系を選ぶようにするのが無難です。

体質に合わせて選ぶ

ヘアカラーリングは、髪の毛だけでなく頭皮にもダメージを与える恐れがあります。出来れば、皮膚科医指導の下で体質にあった製品を選ぶためのパッチテストを受けておくのがよいでしょう。

白髪
<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank"><img src="http://siragaresq.com/img/banner.gif" alt="白髪" width="88" height="31" border="0"></a>

白髪レスキュー

<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank">白髪レスキュー</a>

広告掲載