白髪レスキュー
お問い合わせリンク白髪レスキュー

急激な白髪は危険信号?

「この世のものとは思えない恐怖に晒され、一夜にして髪の毛は全て白髪に変わっていた」という描写は、江戸川乱歩の「白髪鬼」を始め様々な物語に使用されてきました。
しかし、現実にはこのような現象が起こりうるのでしょうか? 白髪が急激に進む現象の真偽を探っていきます。

急激な白髪はありうるのか?

小説や映画では、「一夜で老人のような白髪になる」という表現が手を変え品を変え、何度も使い続けられてきました。しかし、私たちの身の回りで短期間の内に髪の毛全てが白髪になった人は見たことがありません。

黒髪は白髪にならない

注意しておきたいのは、白髪は「充分なメラニン色素を持たないまま発毛した髪の毛」であるということです。つまり白髪と黒髪を分けるのは発毛時のメラニン色素の有無です。逆に、黒髪は充分なメラニン色素を持って発毛しているので、何らかの理由で根元のほうが白くなることはあっても黒い部分が白くなることは脱色しない限りありえないといえます。つまり、「恐怖で髪の毛が全て白髪に」は現実にありえないといえます。

急激な老化で白髪はありうるのか

某テレビ局のアナウンサーが急激に白髪頭になったことが、ネットなどで話題になりました。「元々若白髪で、白髪染めを使っていたのを段階的にやめていったのが原因」であるということで騒動は一段落しましたが、この騒動の波紋を広げたのは潜在的な白髪への恐れがあると考えられます。

白髪をもたらす病気

短期間でも急速な白髪は現実にはありえないものであっても、白髪になりやすくなる病気は確かに存在しています。白髪を引き起こす病気の多くは遺伝子に原因を持つものが多く、ウェルナー症候群やプロジェリア症候群などの早老症などが代表的な病気です。また、毛根の毛母細胞やメラニサイトに栄養を送る血液循環を阻害する病気があると、白髪になりやすいことも判っています。つまり白髪を引き起こす病気とは、老化または血液に影響する症状を持っている病気なのです。

ストレスによる急激な白髪

「ストレスは万病の元」と言われるように、極度のストレスは身体の機能を低下させ病気を引き起こしやすくしてしまいます。ストレスの影響は顔などの容貌に出やすく、肌荒れや皺などが次々に出るため、日々ストレスに晒されている人が年齢よりも老けて見えることは珍しいことではないといえます。容貌に変化が現れるほどのストレスを感じている人は、髪の毛にも影響が出るようになります。髪の毛全体が細くなったり、白髪が目立ち始めたりといった髪のダメージが大きくなるのです。

まとめ

過度の恐怖によって髪の毛の全てが白髪になることはありえません。恐怖から来るストレスによって、脱毛や白髪の増加が起こることは充分考えられます。また、病気が原因となって急激な白髪の増加を引き起こすことがあります。早老症などの老化速度に関係する病気や悪性貧血などの血行に関連する病気などは、白髪の発生に密接な関係を持っています。

白髪
<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank"><img src="http://siragaresq.com/img/banner.gif" alt="白髪" width="88" height="31" border="0"></a>

白髪レスキュー

<a href="http://siragaresq.com/" target="_blank">白髪レスキュー</a>

広告掲載